完全脱毛の仕組みは

完全脱毛とは永久と脱毛とほとんど同じ意味合いになります。ここでは、完全脱毛の仕組みについて簡単に説明をしていきたいと思います。

私たちの身体には、目立たない毛を含めて、至る所に毛が生えています。つまり、産毛を含めてしまうと、毛が生えていない部分はありません。
最近は、女性の間でも男性の間でも脱毛を行人が多くなっています。この毛のことを分析すると、脱毛の意味と効果について理解が深まります。
人の毛には、周期というものがあります。休止期と成長期と退行期があり、カミソリや毛抜きで処理する場合には、成長期と退行期の場合に効果が高く、エステやクリニックで脱毛をする場合には成長期の毛に脱毛を行うことが効果が高いとされています。

また、完全脱毛においては、レーザー脱毛を意味する場合が多く、レーザーと言われる黒い色素に反応する光を利用して、毛根部の毛根を焼いてしまい、毛の再生ができないようにすることが脱毛の仕組みになります。
一度、レーザーで毛根部を焼切ると、ほとんど毛が生えてこなくなり、生えてきたとしてもヒョロヒョロの毛が少しずつ生えてくる程度になるとされています。また、成長期に属する毛に完全脱毛を行うと効果が高く、月に1回くらいの頻度でクリニックに赴き、レーザー脱毛を行うと、毛がほとんどなくなるとされています。

このように、完全脱毛の仕組みは、人の毛にレーザーを照射することで、毛を毛根部から焼切ることになります。このことで、成長を妨げることに効果があるようです。気になる人は、良く調べてからご利用下さい。